がくしん 三国志大戦

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

張郃 儁艾(不明~年) 生涯を戦場に捧げた歴戦の勇将。戦場で培われた経験と抜群の統率力を持ち、第一線で活躍し続け数々の武功を挙げた。その実力は劉備や諸葛孔明からも恐れられた。. もっと知りたい!三国志 TOP 三国志基礎知識 後漢・三国時代の武官 後漢〜三国時代の将軍・任官者一覧表【後漢・魏】 後漢 ( ごかん ) ・ 魏 ( ぎ ) に設置された 将軍 ( しょうぐん ) に加え、各 将軍 ( しょうぐん ) に任命された人物を一覧表にしています。 スポンサーリンク 目次 1 将軍とは 2 将軍一覧表【後漢・魏】 3 関連記事.

満寵 伯寧(不明~年) 劉曄に推薦されて曹操に仕える。その性格、清廉潔白で、合肥の戦いにおいては計略をもちいて呉軍を退けるなど、まさに防御戦のスペシャリスト。. 平東将軍 ( へいとうしょうぐん ). 朱然 義封(年~年) 呉の武将。呂蒙に従って潘璋らと共に関羽を生け捕る手柄を立てた。その後の蜀軍との戦いで劉備を追走する際に、立ちふさがった趙雲によって討ち取られた。. 鷹揚将軍 ( おうようしょうぐん ). 丁夫人(不明) 劉夫人の亡き後、曹操の正室として迎えられた。子を授かることは無かったが、劉夫人の子である曹昂を我が子のように育て、曹昂が亡くなった際には嘆き曹操の下を離れた。.

安東将軍 ( あんとうしょうぐん ). 張汎(不明) 弟の張遼と共に魏に仕えた武将。前漢時代の富豪、聶壱の子孫とされる。張遼が曹丕から寵愛を受け前将軍に任命された際は、張遼の息子・張虎と共に列候の爵位を賜った。. 月明封殺 {自陣配備時}:相手の手札を公開させる。その後、自分の手札から魏の計略カード1枚を捨てることで、あなたは相手の手札からカード1枚を選んで捨てさせてもよい。 {戦闘撤退時}:自分の捨札にある魏の計略カードを1枚まで公開し、それを自分の山札の上または底に戻してもよい。. 平西将軍 ( へいせいしょうぐん ). 呉 ( ご ) の降将を任命。 呂興 ( りょこう ). 曹真 子丹(不明~年) 曹家三代に仕えた武将。部下を大切にし、戦では確実に戦果を挙げた。曹丕臨終の際には後事を託され、曹叡が明帝に即位すると大将軍となり、曹叡をよく補佐した。.

  • 強引な軍令 {自陣配備時}:あなたは自分の山札の上から4枚を公開し、その中にある【走射】を持つ呉の武将カードを1枚まで自分の手札に加え、残りのカードを自分の捨札に置く。その後、この効果で武将カードを手札に加えられなかった場合、自身を疲弊状態にする。. 諸葛亮 孔明(年~年) 三国志の主人公のひとり。三顧の礼によって、劉備の臣下となり、天下三分の計を打ち立てた。神がかり的な政治手腕で劉備を導き、劉備を皇帝へと昇らせた。.
  • 昭烈将軍 ( しょうれつしょうぐん ).

三國志真戦のシーズン情報

朱霊 文博(不明) 曹操配下の武将。劉備の袁術討伐に随行した際、劉備の命で許都に帰還してしまったため、曹操の怒りを買い処刑されそうになったというエピソードも持つ。. 魏五将の奮起 {自陣配備時}:自陣に魏の「曹操」または魏の軍師の武将がいる場合、自国力を2枚まで待機状態にさせる。 【奇襲】(自身は配備時の攻撃制限に影響されない) 【伏兵:魏の戦闘確定前の武将:自国力の枚数が5枚以上】(戦闘確定前:戦闘味方武将を捨札に置き、手札からこのカードを疲弊状態で自陣へ配備し、代わりに戦闘を行う).

お前ごときが、俺を止められるものか! {攻撃勝利時}:コスト5以上の騎兵の敵武将と戦闘していた場合、このターン中、あなたが無双連撃を使用していなければ、自身の無双連撃が発動し、武力が1000上昇する。.

プロモーションカード

張郃 儁艾(不明~年) 魏五将の一人。元は袁紹配下であった。魏に降ってからは数多くの戦に従軍し、定軍山の戦いでは、総大将が討ち取られ混乱の極みにあった軍を鎮静させた。. 安北将軍 ( あんほくしょうぐん ). 殄呉将軍 ( てんごしょうぐん ).

PR .

第16弾ブースターパック:魏

楽進 文謙(不明~年) 魏五将の一人。赤壁の戦いの後は守りの要として襄陽に駐屯し、関羽を撃退して功績を立てた。また、合肥の戦いでも城の守備を担当し、張遼らと共に守り切った。. 郝昭 伯道(不明) 若くして手柄を立て、河西一帯を平定し十年以上もの間、平穏に統治した。諸葛孔明の北伐では、陳倉城を数万の敵に包囲されるが、20日以上に亘る猛攻を寡兵で守りきった。. 夏侯惇 ( かこうとん ) ・ 王淩 ( おうりょう ). 程昱 仲徳(年~年) 荀彧の推挙で曹操に仕えた。若い頃に太陽を捧げる夢を見たという話を曹操が聞き、日の字を加え「昱」に改名した。参謀として献策が取り上げられる事が多かった。.